Bella Giornata

晴れの日も雨の日も電波を撒き散らし続けるチラシの裏系ブログ兼備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

有限会社を作る-3

そしてついに完成に漕ぎつけました。実体はまったくなく、登記は済ませたものの、どの関係各所にも届出をまだ出していない、そんな状態ですが、ともかくも資本金300万円の会社は商業登記簿上は存在することになりました。

このブログをご覧になる方の中には「払込証明」や「登記」などのおそらく会社設立がらみと思われる検索ワードで来られた方が毎日数人30日で38人はいらっしゃるようなので、ご参考までに、ありそうで意外と見つからない法務局へ提出する書類のフォーマットを、私が実際に提出したものを若干改変した形でアップしたいと思います。まあ、使えるかどうかはなんとも言えませんが…

提出した書類
ワード(じゃなくてもいいですが)で作成する必要のあるもの
OCR用紙:登記申請書に添付する「別紙」です。これも用紙は法務局でもらえますが、手書き不可で罫線などが入っているため、何度も実験をしてプリントのサイズをあわせる必要があります。アップしてあるものはCanonのPIXUS BJS330という古い機種に合わせてあるので、もしそのままお使いになる際は必ず実験をしてください。
定款の謄本:もちろんこれがなければ始まりません。まずはじめにこれを作って、公証役場で認証を受ける必要があります。
取締役会議事録:定款で本店の所在地を**番**号まで細かく定めていて、かつ取締役が一人しかいない場合は必要ありません。私の場合は所在地を市区町村までしか定めていなかったために必要になりました。ただ、取締役は1人しかいないので、代表取締役の選任を議題に載せていません。
取締役および監査役の調査報告書:出資払込が確実に行われたことを確認する書面です。金融機関発行の保管証明書があれば不要だと思っていたのですが、必要だといわれて付け足しました。私の場合は監査役がいないので「取締役の…」となっています。
登記申請書:添付書類については、会社によって要否に違いがあるので、要注意です。

ワードで作成する必要のないもの
■払込金保管証明書:私の作った会社は確認有限会社でなかったので、これが必要になります。とりあえず定款がちゃんとできていて出資金を払い込みさえすればほとんどの場合問題なく銀行はこの証明書を発行してくれるようです。
■印鑑登録のための用紙:法務局でもらえます。手書き。
■取締役全員の印鑑証明書

書類の記載漏れ等について責任は負いかねますが、指摘や質問などありましたらコメントいただけると嬉しいです。


スポンサーサイト
  1. 2005/11/19(土) 01:43:34|
  2. Investment|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

VaR

リクエストにお応えして株の話。とは言え、ここ1月は絶対相場に連動するのがいいだろ、ってことで考えなしに大型株ばっかりだったから書くようなことは…しかも、メガバン→鉄鋼キター!!と飛び乗ったらここ数日orz
もっとも、メガバンも似たような動きだから結果的には乗り換えようが乗り換えまいがさほど変わりがないとも言えますが。

現在の保有銘柄は新日鉄12000株@397.7。以上。分散投資の原則を完全無視しております。もともとリスクのある小型で値動きのある銘柄を、というのが投資スタンスだったはずなんですが、実は最近あることに気付いてしまいまして。

有価証券投資の際に、株価の変動リスクを測る指標としてVaR(バリュー・アット・リスク)というものがあります。これは、あるポートフォリオを一定期間保有したときに最大でどれくらいの評価損が発生するか、をはかるもので、大抵は1日で何円、と表示されるんですが、これが今確認したところ新日鉄12000株だと237554となっています。つまり、おおよそ500万円新日鉄を持っていても24万(大まかに言って5%)以上1日で損をすることはないといえるわけです(厳密に言えば信頼水準の設定があってこれを何パーセントにするかによって100-信頼水準x%は5%以上損をする可能性があることになるんですが)。分散投資なしで5%以下です。ところが、4-5銘柄に分散していたときでも、じつは記憶している限りでは私のポートフォリオのVaRが5%を切ったことはありませんでした。何じゃそりゃ…
今まで銘柄の入れ替えをしたときにちょっと下がったの上がったの、というぐらいにしか気にしていなかったので、こんなに差があったりするとは思いませんでした。自分で計算もできない数字をどこまで信用できるか、というところではありますが、今までの私の投資スタンスがあまり正しいものではなかったらしい、ということは言えてしまうような。うーむ。

とりあえず新日鉄は目標550円(PERが住金と同じだったらこのくらい)なので下落リスクなんて気にしてませんが、なにか?
  1. 2005/10/06(木) 00:48:58|
  2. Investment|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

事業目的と出資金の保管証明と

有限会社の話の続きです。

今日はいつも利用している駅前のみどり都市銀行(1回目)に行った後、法務局(2回目)に行きました。
銀行に行く目的は出資金の払込証明(正確には払込金保管証明)をしてもらえるかどうか確認することです。持ち物は個人の通帳と定款(案)の総則部分。個人で月数万円の出入りがある程度なので取引実績と言えるほどのものもなく、まあダメもとみたいな感じでしたが、門前払いにはならず。
窓口の女性に「新しく会社を作るので、出資金の払込証明云々」と言ったところ奥から50代の行員が出てきて応対をしてくれました。定款のコピーを取られ、住所・連絡先を控えられました。10営業日を目安に可否の連絡をくれるとのこと。
普通は審査を通ると仰っていました。どうもこの銀行では法人部門とリテールは完全に分離されているらしく、伺った支店には法人部門はないとのこと。可否の連絡もエリアの法人事業部?みたいなところから、という話でした。普段使っている銀行はもう一つあるのですが、その赤い都市銀行の方が絶対ハードルが高いので、もしここでだめだと言われたら確認有限会社にするしかなさそうです。

次にその足で法務局へ。定款の事業目的を確認してもらいました。私が考えたものはこんなもの

(目 的)
第2条   当会社は、次の事業を営むことを目的とする。
1. アパート、マンション、貸家、駐車場の経営及び管理業務
2. その他不動産ならびにそれに付随する施設の管理
3. 株式、社債等有価証券及び不動産の取得、保有、売却
4. 前各号に附帯する一切の業務

だったのですが、係りの方の助言に基づきこんな風に変更しました。

(目 的)
第2条   当会社は、次の事業を営むことを目的とする。
1. 不動産の賃貸および管理業務
2. 株式、社債等有価証券及び不動産の取得、保有、売却
3. 前各号に附帯する一切の業務


もとの文言の1.は冗長である上に範囲を無意味に限定(例えば、するつもりはないものの「土地そのもの」の賃貸は範囲外になってしまう)してしまっていること、2.は4.があればまったく必要でないこと、などがその理由です。確かに。確認をしてもらって良かったです。

印鑑も午前中に届いたので次なるは公証役場での定款認証となるわけですが、先ほども書いたとおり払込証明が受けられない場合は確認有限会社とならざるを得ず、その場合には定款の一部に変更が生じるため、とりあえず作業は一時中断です。ま、急ぎではありませんし、気長にみどり銀行の返事を待ちたいと思います。
  1. 2005/09/13(火) 15:39:09|
  2. Investment|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

有限会社を作る

大真面目です。

父の持つアパートの転売価格7000-8000万の土地・建物(建物はマイナス評価だけど)から月16万!表面利回りにして2.4-2.7%という低利回りに嫌気が差し、「それぐらいなら私がやってやる!あんたは土地を売ってその金を私(の会社)に貸してくれ。月に最低16万は利払いをするから!」とついに言ってしまったのです。

で、創造性の欠片もない商号を考え、昨日は類似商号のチェックをしに法務局に行ってきました。法務局にいるというだけでガラが悪く見えるお兄さん・おじさんたち。そしてどこで何をしたらいいのか分からず右往左往する私…orz
しかしとりあえずその段階はクリアすることができました。そして印鑑を発注!代取(正確には1人会社なので「取」だけどそれじゃなんか見栄えが悪いから)印、銀行印、角印と住所とか電話番号とかを組み合わせて署名代わりに使うスタンプみたいなのをあわせて10,800円。一応水牛のはずなんですが安い。怪しいっ!でもこの際安けりゃなんだっていいんです。

定款もネット上からテンプレを拾ってきてそれを改変してつくりました。どうせ実際に動き始めるのは父が土地を売った後になるのでそう急ぐ必要はないんですが…早く社長になりたい!?わけが…

今の悩みは
①確認有限会社(資本金1円から始められるやつ)にするか普通の有限会社にするか:金はあるので普通のでもいいんですが、ものの話によると銀行はなかなか払込証明をしてくれないらしく。1円会社なら自分で払込証明を自作自演できるので楽ちんなんですが、そのかわり経産省にいろいろ申請とかをした上に決算の公告までしなくちゃならん、と。
決算の公告をしたくないがために(あと取締役の任期とかがないから楽であるがためでもある)駆け込みで有限会社を作ろうとしてるのに決算公告しなくちゃなんないんだったらかわらないじゃん、って話で。
②いろんなもの(パソコンとかプリンタとか車とか)を現物出資するか否か。これは金額的に確認有限会社にしとかないと意味がないんですが(車の金額=60-70万くらい?が大きすぎて資本金300万だと1/5ぎりぎり)、そもそも現金で用意できるのになぜ敢えて?みたいなところもあったりなかったり。減価償却を計上できるのはいいのかもしれませんが、どうせ最初は利益も全くないわけで。別に今すぐやる必要はないんじゃん?と。でも会社と言うからにはなにか資産がないとB/Sが寂しい…けど下手に車なんか出資した日にはまた名義変更とか保険とかいろいろめんどくさそうですし…

会社を作ったことなんてないので疑問は山積み。でもプロを頼む気にもなれないし。もったいない。って言うか、そんなこと以前に、今作ったら今期の決算(もっとも9月末決算にするので丸1年先ですが)までたぶんほとんど経営実態がないままだと思うのに、税金とかどうするんだろう…でも有限会社は作れなくなっちゃうから今のうちに作らないとだし…ぐるぐる。

  1. 2005/09/10(土) 00:27:07|
  2. Investment|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

セントラルサービスシステム

ここ数ヶ月、株のことを殆ど何も書いていませんでしたので、最近の調子についてひとくさり。

結論から言うと…微妙です。例えば題名のセントラルサービスシステム(CSS)。
こいつを最初に買ったのは去年の4月前でした。そのあと分割バブルで面白いように値を飛ばしたので、調子に乗って買い進みました。
バブルの終わりはあっけないものでした。最高値をつけたのは某株式指南サイトが週末に分割発表する旨の観測を出した日。そしてこの観測は空振りに終わり、実際に分割の発表がなされたときには材料出尽くしの下げ。
そして地味に下げ続け、こっちは買い増し続けました。最初は1株、最高値をつけたときにも3株しか持っていなかったのに、最安値をつけたときには12株(途中2分割があったので都合6株のナンピン買い)、最も多く持っていたときで15株を保有していました。しかし、先週の木曜時点でまだ持っていた12株を全て処分しました。およそ1年間、全資金のおよそ半分の230万円ほどをつぎ込んだにも関わらずプラスは30万円。終わってますな…

で、今保有しているのはマウスコンピュータージャパン(MCJ,なぜマウスなのか、とかどこか外国に本社があるわけでもないのになぜジャパンをつけるのかという突っ込み歓迎。前者は社長独特のセンスの賜物なので、所以を知りたい場合はMCJ社ホームページを参照のこと)。こっちは逆に2月で80万ほどの利益が出ています。チャートも素人目にはかなり綺麗な形で、今から買ってもよさそうな感じですが、CSSの例もあるので止めておきます。

本当はCSSを売った金で金曜に買いたかったのですが証券会社の出金の関係から買えなかったのが日本エンタープライズ。必ず買います。

ついに念願の車を買う関係から100万円ばかり動かせる金額が減ってしまうのが痛いところですが、一時の売買を全くしないイヤートレーダー状態から、また頻繁に売買を繰り返すウィークトレーダーな感じに戻していこうかな、などと考えております。
  1. 2005/05/15(日) 22:19:25|
  2. Investment|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Myblog List

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。