Bella Giornata

晴れの日も雨の日も電波を撒き散らし続けるチラシの裏系ブログ兼備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

房総風土記の丘

2006_03150024.jpg成田(正確には印旛郡栄町)にある房総のむらに行ってきました。小学生のころよく行った場所なんですが、10数年ぶりでした。私が電車とバスを乗り継いで通っていたころは「房総風土記の丘」という名前だったんですが、合理化のあおりかとなりの施設とくっついて名前も変わり、前は資料館への入館料などはかからなかったと気がするのですが、300円取られました。展示にはそれほど興味もなかったんで入らなくてもよかったんですが…

見所はなんといっても無造作にぼこぼこ造営されている古墳。小さいものは高さ0.9M径5Mなどというちょっと素人目には古墳とは認識できないような円墳から、高さ14M一辺80Mと日本で2番目に大きな方墳(岩屋古墳,画像)や、長さ120M超の前方後円墳(浅間山古墳)まで大小あわせて120以上の古墳があります。基本的にはただ盛り土の横に案内板が立てられているだけですが、きれいに整備されて復元してあるものもあります。なんかふらふら見ていたら昔のことをいろいろと思い出して懐かしかったです。古墳群についての学術的な解説は、どうせどなたも興味がないと思うので書きませんが、見ると次から次に思い出すところをみると、昔は相当好きだったんだな、と。

そんなこんなで一通りまわったんですが、実は一箇所見つけられなかった古墳があって、後日、また行ってきました。上福田岩屋古墳(画像,斜面にぽっかりと口をあける羨道)といって、なんの断りもなく石室に入ることのできる珍しいものです。それはそれは恐ろしいものでした。昼間ならまあどうと言うことはないのでしょうが、時間が時間だったので。1:00am。本当は石室に入りたかったのに、あまりの雰囲気に一通りの薀蓄を垂れた後、前で記念写真を撮るのが精一杯でした。そのあと深夜の古墳群を小一時間うろついて帰ってきました。私はいままで肝試しとか、お化け屋敷とかその手のもので怖いと思った例がなかったのですが、生まれて初めて「帰りになにかあったらどうしよう」と思いました。
興味のある方はぜひ行ってみてください。風のある日がお勧めです。真夜中で周りが真っ暗ななか、石室の中に入って写真を撮ってくることができる人がいたら尊敬します。

2006_03150025.jpg話が飛びましたが、そのあと近くの温泉に行って帰ってきました。写真からはわからないと思いますが、温泉施設は一面のたんぼの中にあって場違いにきれいな建物。お風呂もきれいでなかなかのものでした。

東関道成田IC経由で東京から約1時間、50km。房総のむらは古墳群以外にも江戸時代の宿場町を再現したエリアなど結構広く、300円で普通に一日潰せます。
スポンサーサイト
  1. 2006/03/16(木) 01:16:50|
  2. Drive|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

スノーボードに行く

新年明けましておめでとうございます。
旧年中、愚痴にお付き合いいただいたみなさまにはお世話になりました。今年もそのあたりは大して変わらないかとは思いますが、よろしくお付き合いのほどを。
上越国際に行ってきました。人生初スノボです。とはいっても、スキーの上達を断念したわけじゃないですよ。もう普通の友達と滑っていても上達しないから('Д`)y-~~
大雪でした。スタッドレス大活躍。

2005_12300009.jpg結構混んでいて、最初は止まることもままならなかったためにだいぶ恐ろしい思いをしましたが、おかげさまで3日間でなんとかターンまではできるようになりまして、お褒めに与りました。その代償でまだ膝が痛いですが…




2005_12300019.jpg1日目は普通の雪、2日目は吹雪で、漸く晴れた3日目。スキー場はやっぱり青い空と白い山ですよね。これを見ながらじゃないと滑った気になれません。1日だけでも晴れて良かったです。ちょっとうまくなったのに気を良くしてまた5日から滑りに行きます。そんなわけで暫く更新が滞りますが、ご容赦をいただければと思います。


  1. 2006/01/01(日) 17:30:04|
  2. Drive|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

伊東に車で行って

2005_12100004.jpg電車で帰ってきました…

箱根にノーマルタイヤはこの時期とても危険です。私はそんなことこれっぽっちも考えてませんでしたが。雪踏む→滑る→路肩の石にぶつかる→止まるという一連の動作の結果、左前輪パンク・バンパー破損・ウォッシャー液漏れでレッカーのお世話に。タイヤをとりあえず代えて走れることは走れたんですが、東京まで持って帰ってから修理をすると保険が効かなくなるのどうのと言われて、結局地元(御殿場)の修理工場のお世話になることになってしまいました。

携帯の電波も入ったり入らなかったり、というような山道で車も10分に1台程度しか通らない中、レッカー待ちの間に撮った富士山と御殿場の夜景です。ちょっと露光時間を長くしているので明るく見えます(おかげでかなりぶれてます)が、実際はかなり暗く、肉眼では富士山の輪郭もぎりぎり見えるかどうかというくらいでした。寒いし。でも、それだけで済んだのは保険のおかげ。レッカー代も、車の修理費用も持ち出しなしでできそうです。来年保険料がいくらになるのか恐ろしいところではありますが、まあよかった。ちなみに、その修理工場は先週末には18回もレッカー出動したそうで…
で、一度御殿場まで戻り、レンタカーを借りて伊東まで行く羽目に。

翌日は伊東から御殿場まで戻り、アウトレットをぶらぶらしてから御殿場線・東海道線を乗り継いで帰ってきました。
借りた車はラクティスだったんですが、こいつについていたナビが最短ルートとして表示したものが行きに事故った現場を通るルート。車の性能を考えたら絶対最短じゃないだろ…と。坂道がとてつもなく弱く、普段パワーがかなり足りないと思っていたデミオの性能のよさを再認識しました。それに加えてまたなにかあったら洒落にならないので、超のろのろ運転に。事故現場もしっかり見たんですが写真は撮れず、雲がかかっていて富士山は良く見えませんでした。

さて、置いてけぼりを食らわされたわがデミオさんはいったいいつ戻ってくるやら…
  1. 2005/12/11(日) 20:18:49|
  2. Drive|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

鴨川シーワールド

だいたい、行ったその日には疲れてブログの更新などせずに寝てしまうためあまり日記の体をなしていない当ブログですが、これもまた例によって先週の出来事です。

2005_09070003.jpg鴨川シーワールドに行きました。もちろん車で。行きは目が覚めてしまったから、というだけの理由で衝撃の朝3時半出発だったため、高速は使いませんでした。いつもなら1時間かかるところまで40分で行くくらいの感じだったので高速を使ってもおそらく時間はほとんど変わらなかったと思います。シーワールド自体には一人で行ったわけではないのですが、連れは諸般の事情ですでに鴨川にいたため、出発時間も通行経路もその場で適当に決定。その結果通ったのが画像のような道…左上のおにぎりを見ていただければわかるように、れっきとした国道です。しかも持っていた地図では田舎過ぎて縮尺が大きいために細かい経路がわからず、かなり不安になりましたが…暫く行くとまた2車線のちゃんとした道路になりました。

鴨川です。7時到着。当初の予定が10時過ぎにということだったので、波の音を聴きながらしばし睡眠を…と思ったのですが、暑い!あんまり寝られませんでした。そして、肝心のシーワールドの写真はデジカメを車の中に忘れたので撮ってません。ただ、アトラクション(ショー?)がいくつもあって3時間強十分楽しめたので、最初は2400円か、高いな。と思ったのですがそうでもありませんでした。ただ、駐車場800円は高い!あんなところなら入館者はタダでもいいんじゃないか、と。

2005_09070010.jpgそして帰り道。超豪雨です。アクアラインは大雨・強風のため通行止め。画像で見ると意外に視界があるように見えますが、体感的には視界10-20M、白線は見えない、看板は見えない、という感じで、何ミリ降ってたのか知りませんが、あそこまでの雨に遭った記憶が運転中はもちろんそうでないときも含めて一度もなかったのでちょっと恐かったです。時間的にはだいたい2時半発、5時半江戸川着でした。距離は往復で260km。

台風が来ている日でなければお勧めです。鴨川シーワールド。東京から高速で3時間(アクアライン経由なら2時間強)、一般道でも4時間くらいで行けるので十分日帰りできます。一度行ってみてはどうでしょうか。
  1. 2005/09/13(火) 16:17:24|
  2. Drive|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

ETC設置

2005_08190002.jpg帰省する前に大急ぎで購入し、固定もせずに「とりあえず車に乗せてゲートは通れる」状態にしてあったものなんですが、きちんと取り付けをしてみました。
機種は三菱電機のEP-434Bというアンテナ分離型のもので、セットアップ代金とあわせて16,000円強。本体は運転席右前方にご丁寧にコードを引き込むための穴のついている小物入れがあった(画像の右中、おそらくディーラーで頼んでもここにつけることになるのでは)のでそこに設置(と言っても本体を固定するための金具をシールで小物入れの上に貼り付けただけ)し、アンテナはメーターカバーの中に適当なスペースがあったのでそこに押し込みました(ハンドルのカバーを外してから下の方を引っ張るとメーターフードは外れます。あとはネジ止めしてあるメーターASSYを取り外し、適当にコードを引っ張ってくるだけ)。ちゃんと設置する前は本体とアンテナを繋ぐコードがだらしなく延び、アッパートレーの中に無理やりアンテナを押し込んでいたのですが、とりあえず外からはコードもアンテナも外からは全く見えなくなりました。トレーの中でもアンテナの反応には問題はなかったので、メーターカバーの中でも問題はないと思います。まだやってみていないのでわかりませんが…
電源はヒューズボックスの裏からACC電源コードを見つけ、そこからタップで直接取っています。ヒューズボックスと小物入れは位置的に近く、裏にはスペースが結構あるのであまったコードも無理なく押し込むことができ、上々の仕上がりになっています。作業時間はトータルで2時間ほど。少々手間がかかるのは電源取りぐらいのもので、全体として私のようなずぶの素人でもできる程度の作業です。素人仕事だと後で不具合が生じることが云々とオートバックスには脅されましたが、とりあえず今のところ問題はなく、これで取り付け工賃4500円なら自分で取り付けるべきでは、と思います。
  1. 2005/08/19(金) 21:10:57|
  2. Drive|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

デミオのスピーカーをいじる

車いじり第一弾はスピーカーです。もともとついていたのが純正品で、紙と磁石(まあ磁石は普通ですけど)からできた恐ろしい代物だったので、フロント・リアとも内張りをはがして新しいのをつけました。フロントにつけたのはPanasonicのCJ-C1600Dです。画像にはありませんが、ツィーターも付けて、音が相当良くなりました。若干強調されすぎのようにも思いますが、特に高音がきれいです。社外品搭載不可の一体型のパネルに阻まれて当分オーディオ本体をいじることができなさそうなので、音はとりあえずこれで我慢したいと思います。

次はETCですかね。これはいじるってほどのものではなさそうですが。
  1. 2005/08/01(月) 22:58:34|
  2. Drive|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:3

デミオ



ピカチュウキタ────(゚∀゚)────ッ!!
早速擦ッタ────(゚∀゚)────ッ!!
  1. 2005/07/18(月) 19:11:32|
  2. Drive|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Myblog List

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。