Bella Giornata

晴れの日も雨の日も電波を撒き散らし続けるチラシの裏系ブログ兼備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

クイーンC予想

穴を狙うとすれば京都よりもこっちということになるでしょう。

1600Mの距離経験のない馬、あっても大負けしている馬を除外して、プリンセスイブ・ライラプス・ジョウノビクトリア・コスモキャンディス・ラドランファーマ・ビコーグレイス・アドマイヤヒラリー・パーフェクトマッチ・ショウナンパントルの9頭を検討の対象とします。
まず、1勝馬の可否ですが、結論から言えばサンデーサイレンス産駒なら可。時期移動後の7年で5頭の1勝馬が連対していますが、そのうち4頭はSS産駒です。オースミバーディーはいなかったことにしよう…
すると残るのは2勝馬のラドランファーマ・ショウナンパントルとSS産駒の1勝馬ジョウノビクトリア・パーフェクトマッチの4頭です。

◎ラドランファーマ
○ジョウノビクトリア
▲ショウナンパントル
△パーフェクトマッチ

ショウナンパントルは馬格の大きい馬ではないだけに、56kgがどうでしょうか。そんな意味での3番手評価です。



ラドランファーマ:4人3着
やはり一瞬の切れみたいなものを期待することはなかなか難しいみたいですが、これで重賞でも一応の目途がつきました。
距離もまだいけるはずですし、サクセスストレイン@オークスでワイド軸4着と被ります。追っかけますよ。
ジョウノビクトリア:6人2着
前走と同じ脚が使えれば、と思っていたのですが、これが当たりでした。重馬場が得意なんでしょうか。距離が持てばオークスで面白いと思うんですが、兄姉を見るに持ちそうもなく…微妙。
ショウナンパントル:2人12着
斤量もダメだし、馬場も向かなかったのでしょう。チアズグレイスのチューリップ賞と同じと考えれば、もっとも、本番は良馬場というのが前提になりますが、まだ見限れないでしょう。
パーフェクトマッチ:3人4着
分かりません。次走次第。

まず、ライラプスが1番人気になるとは思いませんでした。実績的には確実に1番のショウナンパントルが嫌われてきっちり飛ぶんですから、世の中馬券上手が多いんですね。武豊の好騎乗も大きかったでしょう。これで彼女の桜花賞1着の可能性は99.9%なくなったので(彼女の場合オークスも無理でしょうから)、ある意味終戦。
スポンサーサイト
  1. 2005/02/18(金) 23:34:12|
  2. Horse Racing|
  3. トラックバック:9|
  4. コメント:0
次のページ

01 | 2005/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

Myblog List

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。