Bella Giornata

晴れの日も雨の日も電波を撒き散らし続けるチラシの裏系ブログ兼備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

チューリップ賞予想

馬場状態が気にはなりますが、今のところは良馬場のようで。やや時計がかかるという程度でしょうか。

過去10年間の傾向を見ると、前走1着馬が11連対、2着馬が9連対(うち8頭がエルフィンSか阪神JF)。3着まで対象を広げても「前走勝ちまたは前走エルフィンS・阪神JF」を外れる馬は前走GIIIの4頭だけです。
なお、前走負けた馬はすべて1600M以上のレース。前走1400Mなら1着が条件に、1200Mの馬券対象例はゼロです。

このフィルタリングをクリアするのはハギノコマチ・アドマイヤメガミ・コリンナ・オリエントチャーム・ダンツクインビー・アスピリンスノー・ディアデラノビア・エリモファイナル・ナリタシークレットの9頭。

本命(もちろんワイド軸という意味ですが)はハギノコマチ。前走は阪神JFで0.2差4着。確かに位置取りがよかったというのもあるでしょうが、上位1桁はいずれもオープンで3着くらいにはくる面々ですから、力はあります。同コースでもう一発を期待です。
以下、逆らえない上位人気のオリエントチャーム、ディアデラノビア、エリモファイナルまで。

◎ハギノコマチ
○ディアデアラノビア
▲エリモファイナル
△オリエントチャーム

ハギノコマチ・ディアデラノビアはともにバカみたいに不利を受けながら6,7着。やはり力はあります。ただ、これで桜花賞ではディアデラノビアは抽選、ハギノコマチはアウト。
ハギノコマチは1600専用という感じはしないので、次回もう一度狙ってみるつもりです。
エリモファイナルは紅梅Sを勝っているので桜花賞は当確。このレースでうまく立ち回って好走すると却って本番では用がないので、むしろこれぐらいでよかったんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト
  1. 2005/03/04(金) 19:02:08|
  2. Horse Racing|
  3. トラックバック:9|
  4. コメント:0

02 | 2005/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Myblog List

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。