Bella Giornata

晴れの日も雨の日も電波を撒き散らし続けるチラシの裏系ブログ兼備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

後悔のないように

どこぞの社員の方にお会いしたりすると、最後によく、「じゃあまあ、大事な時期ですから体に気をつけて、後悔のないようにがんばってください」というようなことを言われます。

後悔のないように…よっぽどのことがない限り、複数の選択肢があるときに初めから後悔すると分かっている方(要するに望ましくない方)の肢を選ぶ人はいません。というか、それは"初めから"の時点で"後"悔じゃないし。
そうすると、"後悔する"ということは大きく2つに分けると全てのカードが明いた状態でその時点ではマシだと思っていた選択肢が後にそうでないことが判明した場合と、まだ伏せたままのカードがあるのにある選択肢を選んで、あとで伏せてあったカードのほうが良かったんじゃないか?と思う場合があると考えられます。

それって今の段階で私がどうにかすることによって防ぐことができるんでしょうか。せいぜいが、ベストを尽くしたと思い込むことによって"これ以上の選択肢はなかった"とか"がんばったんだから悔いはないはずだ"とか自分に言い聞かせるぐらいが関の山でしょう。
飛躍するならば、少なくとも私レベルの人間にあって、後悔しない人生なんてうそ。どうしようもなく未来志向で過去のことなど一切顧慮しないか、どうしようもなく足りなくて過去に取り得た選択肢に思いを致すことができないようでないかぎり、そんなことあり得ないんです。私はそもそもが無反省な類に属する人間なので、人生は後悔の上に成り立っているとか、反省の上に成り立っているとか言うことには抵抗がなくはないですが、それでも、そういう一面はあると思います。そして、それを糧にしてか、糧にするでもなくただ抱えてかして人は生きていくんでしょう。

最近はまっている作家に白石一文がいます。彼の短(中?)編集不自由な心の3つめのストーリーの中にこんな一節があります。

人はさ、なかなか正直になれないだろう。自分の気持ちにも人に対してもさ。こうやって、この飛行機が落ちてもう死ぬかもしれないなんて状況になって、なりふりかまわなくなって、何も本当に恐いものがなくなって、そしてさ、もう時間がなくなって引き返すことなんかできないって、そう分かった瞬間にさ、今の俺みたいにみんな正直になるんだね。ほんと馬鹿みたいだけど

他人に告白するしないは別として、死ぬ間際になって、ああしておけば良かった、あの時こうしていたら今頃は、と思うのが人というものでしょう。
とりあえず、今のままだらだら行くと一生抱えるような、そういう後悔を伴うような決定的な決断を一度として下さないまま一生を終えてしまいそうなので(したがって、どのようにして今日今わの際に至ったかも分からないまま死ぬんでしょう)、なんとかここで一度、重大な決断を下すに値する就職活動をしたいと思います。(え、いまさら何の決意表明ですか?遅すぎ…)
スポンサーサイト
  1. 2005/03/30(水) 23:03:31|
  2. Recruit|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

02 | 2005/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Myblog List

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。