Bella Giornata

晴れの日も雨の日も電波を撒き散らし続けるチラシの裏系ブログ兼備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

巨人の抑えって

誰がやったらうまくいくんでしょうか。Kロッドとかならさすがにだいじょぶか?
ここ10年の巨人でセーブを記録した選手はこんな感じ(カッコ内はセーブ数)。

96 マリオ(19)・石毛(3)・木田(2)・西山(1)
97 趙(11)・木田(7)・河原(1)
98 槙原(19)・西山(4)
99 槙原(23)・桑田(5)
00 槙原(9)・岡島(7)・桑田(5)
01 岡島(25)・桑田/河原(2)
02 河原(28)・前田(1)
03 河原(7)・サンタナ(5)・前田(3)
04 久保(8)・シコースキー/岡島/木佐貫(5)・河原(2)・ランデル/佐藤(1)

その年の抑えと言い切れるのは98-99の槙原(防御率は3.98-2.83)、01の岡島(2.76)、02の河原(2.70)くらいでしょうか。それにしても防御率はいずれも2点台の後半で、1点差で3回出てきたら1回は追いつかれるって言う…泥縄式の育成方針が悪いのか
、そもそも選手の採り方が悪いのか、ただ単にプレッシャーのせいなのか。

さて今年はこれからどうするつもりなんでしょうか。先発の一角を抑えに回すのは巨人の常套手段で、この10年でも槙原・桑田・木佐貫・河原なんてのがこのパターン。これは大抵最初はうまく行ってもそのうちダメになることが多いものの、中継ぎを昇格させるケース(こいつは大抵お話にならない)・最初から守護神と銘打って害人を連れてくるケースに比べれば遥かにマシ。今年なら上原ってことになるんでしょうが、本人も先発にこだわりがあるようですし、先発のコマが確実に1ついなくなるわけで、それはそれでかなりの勇気ある決断を監督は迫られます。まあ、まず実現しないでしょう。

私的には、ヒサノリの代わりに前田が出てきたのは誤算でしたが(てっきりシコースキーだと思いました。よくよく考えてみれば、こっちが期待するぐらいなんだからシコースキーには最少得点差でマウンドを任されるほどの信頼感はない)、中継ぎでは磐石の佐藤も9回に出てくれば久保・林同様別人になるわけで。しかし、さすがに下位が3発も食らわせるとは。
ミセリさん亡き後の巨人戦も十分に楽しめそうな気配を十分に感じさせてくれる今日の試合でした。
スポンサーサイト
  1. 2005/05/03(火) 22:41:47|
  2. Baseball|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

04 | 2005/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Myblog List

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。