Bella Giornata

晴れの日も雨の日も電波を撒き散らし続けるチラシの裏系ブログ兼備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

京都新聞杯予想

距離が2200Mになってからの3年間での馬券対象9頭の内訳は前走皐月賞4、それ以外が5。それ以外の5頭には2200M以上での連対実績がありました。例外はゼロ。
残るのはケージーツヨシ・インティライミ・コンゴウリキシオー・ヴァーミリアン・アドマイヤフジ。
2200Mでの実績が必要と言うのはとりもなおさずそれなりのスタミナがあるかどうかということなので、父Stravinskyが中距離馬って言うのはどうなのよ、と常々思っていたコンゴウリキシオーを外した4頭で堅そうです。
チョウノゾミ(4/3の500万下2着、ムーニーバレーRC賞3着)を物差しにするとインティライミとケージーツヨシの順位付けは簡単なものの、問題は皐月賞組をどこに入れるかです。

◎インティライミ
○ヴァーミリアン
▲ケージーツヨシ
△アドマイヤフジ

毎年毎年人気で沈むのは皐月賞組と考えると沈むのは人気のアドマイヤフジかなというくらいの根拠しかありませんが。

スポンサーサイト
  1. 2005/05/06(金) 19:45:39|
  2. Horse Racing|
  3. トラックバック:8|
  4. コメント:0

04 | 2005/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Myblog List

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。