Bella Giornata

晴れの日も雨の日も電波を撒き散らし続けるチラシの裏系ブログ兼備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

大阪市 生活保護10万人突破

大阪市 生活保護10万人突破。16年度 2151億円給付、財政を圧迫(産経大阪ニュース)

急激な高齢化などで大阪市の生活保護者数が10万人を突破したことが2日、わかった。

 人口1000人当たりの生活保護者数は39・6人で全国の政令指定都市で突出。16年度決算見込みの生活保護費は過去最高の2151億円に達し、公共事業などの投資的経費を政令市として初めて上回った。

 生活保護費の増加によって財政の硬直化が進み、経常収支比率は103・6%と1・1ポイント悪化、3年連続で政令市最悪となる見通しだ。

 大阪市によると17年6月現在、市内の生活保護世帯は7万8910世帯、10万4597人で16年9月に初めて10万人を超えた。昭和60年度と比較すると世帯数で2・1倍、人数で1・7倍の増加。

 高齢者世帯47・5%▽傷病者世帯21・1%▽障害者世帯10・5%▽母子世帯7・8%などで、高度成長期を支えた世代が高齢化したことが、最大の要因になっている。

 この日、大阪市が発表した16年度決算見込みでは、前年度初めて2000億円台を突破した生活保護費がさらに6・1%増加。一方、公共事業などに当てられ従来の歳出の主役だった投資的経費が前年度比15・8%減の1850億2000万円。ピークの平成7年度には生活保護費の5倍近くの予算が組まれていたが、政令市として初めてその額が逆転した。

 全国の生活保護費総額の1割前後を大阪市が占めるなか、国と地方の財政関係を見直す三位一体改革で現行4分の3の国負担率の引き下げが検討されているが、同市は「市財政に甚大な影響が出る。事務の返上も辞さない」と反発している。

計算のお勉強のお時間です。
2151億÷10万4597=205万6464
この金額をバイトで稼ぐには時給が1000円だとして週5日8時間を1年間休みなく守らなければなりません。こんなに与えること自体が働くことのモチベーションを奪うことになります。
挙句、高齢者が増えたから生活保護受給者が増えただ?ふざけるのもたいがいにしてください。そのために年金があるんじゃないですか。年金を払わなくても年205万ももらえるなら誰も年金なんて払いませんよ。どうせ何割かは在日だから年金もらえないんでしょうが、そんなの知ったことではありません。
市は事務の返上も辞さないとか逆切れしているみたいですがその前に自腹をほとんど切らないからといって審査を甘くし、適当にやってきたことを反省して適切な運用を図るように努力すべきなんじゃないでしょうか。ついでに、在日外国人の生活保護って何でしなきゃいけないんですかね?日本国民じゃないんですよ?意味が分かりません。

参考:在日の就業と生活保護の統計を見る

スポンサーサイト
  1. 2005/09/04(日) 13:01:33|
  2. News|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

08 | 2005/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Myblog List

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。