Bella Giornata

晴れの日も雨の日も電波を撒き散らし続けるチラシの裏系ブログ兼備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

有限会社を作る-3

そしてついに完成に漕ぎつけました。実体はまったくなく、登記は済ませたものの、どの関係各所にも届出をまだ出していない、そんな状態ですが、ともかくも資本金300万円の会社は商業登記簿上は存在することになりました。

このブログをご覧になる方の中には「払込証明」や「登記」などのおそらく会社設立がらみと思われる検索ワードで来られた方が毎日数人30日で38人はいらっしゃるようなので、ご参考までに、ありそうで意外と見つからない法務局へ提出する書類のフォーマットを、私が実際に提出したものを若干改変した形でアップしたいと思います。まあ、使えるかどうかはなんとも言えませんが…

提出した書類
ワード(じゃなくてもいいですが)で作成する必要のあるもの
OCR用紙:登記申請書に添付する「別紙」です。これも用紙は法務局でもらえますが、手書き不可で罫線などが入っているため、何度も実験をしてプリントのサイズをあわせる必要があります。アップしてあるものはCanonのPIXUS BJS330という古い機種に合わせてあるので、もしそのままお使いになる際は必ず実験をしてください。
定款の謄本:もちろんこれがなければ始まりません。まずはじめにこれを作って、公証役場で認証を受ける必要があります。
取締役会議事録:定款で本店の所在地を**番**号まで細かく定めていて、かつ取締役が一人しかいない場合は必要ありません。私の場合は所在地を市区町村までしか定めていなかったために必要になりました。ただ、取締役は1人しかいないので、代表取締役の選任を議題に載せていません。
取締役および監査役の調査報告書:出資払込が確実に行われたことを確認する書面です。金融機関発行の保管証明書があれば不要だと思っていたのですが、必要だといわれて付け足しました。私の場合は監査役がいないので「取締役の…」となっています。
登記申請書:添付書類については、会社によって要否に違いがあるので、要注意です。

ワードで作成する必要のないもの
■払込金保管証明書:私の作った会社は確認有限会社でなかったので、これが必要になります。とりあえず定款がちゃんとできていて出資金を払い込みさえすればほとんどの場合問題なく銀行はこの証明書を発行してくれるようです。
■印鑑登録のための用紙:法務局でもらえます。手書き。
■取締役全員の印鑑証明書

書類の記載漏れ等について責任は負いかねますが、指摘や質問などありましたらコメントいただけると嬉しいです。


スポンサーサイト
  1. 2005/11/19(土) 01:43:34|
  2. Investment|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

10 | 2005/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Myblog List

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。