Bella Giornata

晴れの日も雨の日も電波を撒き散らし続けるチラシの裏系ブログ兼備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

マネックスショック

与謝野担当相:マネックス証券の担保評価ゼロ問題に苦言(Mainichi INTERACTIVE)

与謝野馨金融・経済財政担当相は19日の閣議後会見で、東京株式市場が混乱していることに関し、マネックス証券が、信用取引の際のライブドア株の担保評価をゼロにした問題について、「担保価値をどうするかは証券会社の判断であり、制度上は問題ない」とした。ただ、「証券会社は投資家を大切にする姿勢で経営してほしい。大切にしない会社はいつかは投資家に捨てられる」と苦言を呈した。

 さらに「(マネックス証券の)こうした対応が混乱に拍車をかけたと疑いを持つ人がいるのはもっともで、事態が落ち着いた後で事情を聴いてみたい」と述べた。

金融庁、掛け目変更でマネックス証券に事情聴取・松本マネックス社長は反発の姿勢(テクノバーン)

【1月19日 20:19 テクノバーン】金融庁は19日、ライブドアグループ関連株の信用評価掛け目をゼロに変更したことに関してマネックス証券 <8698> に対して変更に至った経緯などの事情聴取を行った。

金融庁では投資者保護の観点で問題があったと判断した場合には行政処分なども検討するとしている。

ライブドア <4753> に対する強制捜査が実施された翌日17日の東京市場は売りが先行する展開で始まったもののその後は東証1部市場の主力株を中心に上昇する展開となった。しかし、昼過ぎにかけてマネックス証券がライブドア関連企業5社の信用評価掛目をいきなりゼロにすると発表したことがきっかけとなり、相場は再び下落に転じるなど「マネックス・ショック」を引き起こしていた。

この問題に関しては政治的にも議論を巻き起こし、与謝野経済財政・金融担当相は19日午前に行われた臨時閣議後の記者会見で特定の証券会社がライブドア系列企業の信用評価掛目をゼロにしたことについて触れて「他の証券会社が追随しなかったことは賢明な判断」と述べて証券会社による不用意な信用評価掛目をけん制。

一方、マネックス証券の松本大社長は同日午後になってから「担保価値の評価が困難になったと総合的に判断される場合に、その担保掛目を下げることは、経営の選択肢の一つである」とした上で「個人投資家の利益を守る為に、早期の注意喚起を行うことは、証券会社としての責務だと考えております」とするコメントを発表。

同じ発表の中では「当社による5銘柄の代用有価証券掛目の引き下げと、ここ数日間の市場全体の株価変動との間には、因果関係があるとは考えておりません」との見方も示めすなど与謝野金融担当相の発言に真っ向から対決する姿勢を示した。

そうですかそうですか。まあそういう風に言ってればいいんじゃないですか。誰が信じるのかは知りませんが。
それにしても、2日前に担保価値の評価が困難になったと総合的に判断した銘柄が今日になったらまた担保評価できるようになったって言うのはどういうことなんですかね?

マネックス証券(8698)、ライブドアオート(7602)の掛目を80%に戻すと発表(Garbagenews.com)
スポンサーサイト
  1. 2006/01/20(金) 01:40:33|
  2. News|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

12 | 2006/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Myblog List

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。