Bella Giornata

晴れの日も雨の日も電波を撒き散らし続けるチラシの裏系ブログ兼備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「楽勝科目」をなくせ、大学側授業向上目指す

「楽勝科目」をなくせ、大学側授業向上目指す(asahi.com)

「出席さえすれば『優』が来る」「代返可」などの授業は、もはや昔話。大学側が「楽勝科目」の追放に動きはじめた。毎回の出席確認は当たり前。科目ごとに「A」の人数などの成績結果を公表し「甘い採点」を抑制したり、登録科目の途中放棄を防ぐ対策を講じたりして、授業の質向上を目指す。
これに対して、学生もインターネットや手作りの情報誌で情報交換し、対抗策を練っている。 同志社大は昨年度から、各科目の成績評価をホームページ上で公開し始めた。最高点の「A」から不合格を示す「F」まで、得点分布を掲載。同じ学部内でも、「A」の学生が8割を超える「楽勝科目」から、逆に不合格が7割近い「激辛科目」まで差が大きい。
 教務部長の田端信広教授によると、これまでは教員同士ですら、お互いの採点結果は話題にしなかったという。説明責任を求めることで、ばらつく採点基準が徐々に平準化し、「勉強せずに高得点が取れる楽勝科目を徐々に改善させたい」という。
 一度登録をした科目を最後まで学んでもらうため、単位の最大登録数を制限したうえ、途中放棄した科目は0点と換算して成績に反映する仕組みも導入した。「授業は教員と学生の真剣勝負。本来、楽勝科目などありえない」と田端教授は言う。

最近は後輩に「これはマジ楽勝だよ。過去問さえ手に入れば…」などと薦めた科目が普通に難しくなっていたり、しかもそんなのに限ってまたどうでもいい一般教養だったりするからタチが悪い。出席をとることも以前より多くなったような気がします。
しかし、実際のところ、科目ごとの重要度にはかなりの差があります。法学部に入ったのに3年間毎日スペイン語の辞書を持っているとかは悪い冗談以外の何者でもありませんし、なんでも一律に論じるのはどうなんでしょうか。下らない卒業単位を埋めるだけの一般教養に法律科目と同じ時間を割こうと思う人間なんているはずがないんです。同じ科目で難易度に差が出る(例えば同じ刑法総論なのにS先生は半分不可、T先生は9割単位認定とか)のは問題ですが、科目間のそれはまた別問題でしょう。

ちなみに、私の大学時代のプチ自慢の一つがこのS先生から2年連続(刑法は総論と各論があったので)で優を、債権総論でこれまた鬼と呼ばれ、私の周りには殆ど単位を貰った人のいない(優を貰った人は1人も知りません)Y先生から良を貰ったことです。

重要度に応じてメリハリをつけることも大事なんじゃないですかね。
スポンサーサイト
  1. 2005/06/28(火) 21:59:10|
  2. News|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ダイナシティ社長逮捕 | ホーム | 自転車で渋谷に行く>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bellagiornata.blog5.fc2.com/tb.php/119-54992760

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Myblog List

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。