Bella Giornata

晴れの日も雨の日も電波を撒き散らし続けるチラシの裏系ブログ兼備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

四大監査法人が三大になる日が来る?

カネボウ粉飾決算、公認会計士4人を逮捕(YOMIURI ON-LINE)

カネボウ(東京都港区)の旧経営陣による粉飾決算事件で、東京地検特捜部は13日、監査を担当した中央青山監査法人(千代田区)所属の公認会計士4人を、証券取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)容疑で逮捕し、証券取引等監視委員会と合同で、同監査法人などの捜索を始めた。
 
逮捕されたのは、公認会計士の佐藤邦昭(63)、徳見清一郎(58)、神田和俊(55)、宮村和哉(48)の4容疑者。うち佐藤、徳見、神田の3容疑者は監査法人の幹部クラスにあたる代表社員で、会計士や会計士補など20人程度で構成する「監査チーム」を統括する立場にあった。

 調べによると、4人は、カネボウ元社長・帆足(ほあし)隆(69)、元副社長・宮原卓(たかし)(63)両被告と共謀し、2002年3月期の連結決算で実際は約819億円の債務超過に陥っていたにもかかわらず、約9億円の資産超過であると有価証券報告書にウソを記載し関東財務局に提出したほか、03年3月期も、約806億円の債務超過を約5億円の資産超過と偽った疑いが持たれている。

 関係者によると、佐藤容疑者らは監査の過程でカネボウの経営実態を把握し、売り上げの架空計上などによる一部の粉飾決算を指摘したこともあった。

 しかし、帆足被告ら旧経営陣と折衝を重ねる中で、「債務超過を回避する」という帆足被告らの方針を承諾。債務超過に陥った子会社を連結決算から外すなどの不正を黙認して、監査報告書に「適正」の意見をつけ、粉飾に協力していた。

 特捜部と監視委は今年7月、帆足被告ら旧経営陣を逮捕した際、中央青山監査法人を捜索。佐藤容疑者ら4人は任意の事情聴取に対し、関与を否認していた。カネボウの不正経理は長期間にわたっていたが、中央青山はその決算を「適正」とするお墨付きを与え続けていた。

 特捜部と監視委は今後、監査法人内部のチェックが機能していたかどうかについても解明を進める方針だ。

足銀が中央青山を損賠提訴へ、違法配当関与と(YOMIURI ON-LINE)

2003年に破たんし、一時国有化されている足利銀行(本店・宇都宮市)の01年3月期決算での違法配当にかかわっていたなどとして、足銀の現経営陣は13日、会計監査をしていた中央青山監査法人(千代田区)と、当時の足銀の監査役4人を相手取り、損害賠償を求める民事訴訟を週内にも宇都宮地裁に起こす方針を固めた。

 この配当をめぐっては、足銀が今年2月、元頭取ら旧経営陣7人に7億円の賠償を求めて提訴している。今回は被告に同監査法人らを加え、連帯して計11億円を支払うよう求める。

 新たな訴訟は、旧経営陣の責任について、今年2月に報告書を提出した足銀の内部調査委員会(春日寛委員長)が、同監査法人の責任も指摘する追加報告書を作成したのを受けたもの。

 調査委は2月の報告書で、01年3月期決算で旧経営陣が、不良債権処理の前倒し処理で納めた税金が将来戻ってくると見込んで計上する繰り延べ税金資産を過大に計上したり、不良債権の査定を甘くして貸し倒れ引当金を少なくしたりするなどして、資産額を計約579億円も過大に計上し、計11億円を違法に配当したなどと指摘した。

 その後の調べで、調査委は、同期の決算を「適正」と認定した同監査法人も違法配当を知る立場にあったと判断。さらに、繰り延べ税金資産計上の前提となった将来の株価について、上昇し続けるとする当時の甘い予測をそのまま認めたことが、日本公認会計士協会が示していた同資産の計上に関する判断基準に反していたとしている。

確か足銀が破綻したときに、中央青山が監査をするところに限って破綻する云々というエントリを書いた記憶がありますが、このテの破綻した企業のうち少なくない割合で延命に手を貸していたのでは…と。少ないサンプル(by奥山理事長)ですが、うがった見方をしてしまいます。
アーサーアンダーセンがエンロンの一件で消えたときはメンバーファームだった旧朝日は資本関係がなかったおかげで事なきをえましたが、今回は火元が日本なだけに…果たしてどのような結末が待っているのでしょうか。

そんなこんなもあるんでしょうか。「補」の取れた従兄は「辞めてアメリカに行く」と会うたびに口にしています。ま、まだ20代なので、何があってもさほど痛手をこうむることはないでしょう。だから別に同情もしませんが。ただ、監査法人が消えることに関して、と言うのと別に「公認会計士」というのはつくづく割りの合わない仕事だなぁ、と。その点については、特に逮捕された4人については感じずにはいられません。
確かに、公認会計士は高給取りです。四大監査法人のパートナーともなれば2000万なんかじゃきかないんじゃないですかね(部外者の完全な憶測なので正確なところは知りませんが)。ただ、その高給も売上数千億の企業の命運を一手に引き受けるとなればとても高いとはいえません。そして彼らはサラリーマンです。「独立した立場で」とは言え、上から何か言ってきたときにどのような態度をとることができるのでしょうか。例えば、粉飾を見逃せ、と。現に逮捕された会計士は最初は適正意見を出すことができないと言っていながら最終的には態度を翻した、と報道されています。この間、彼らに何があったんでしょうか。UFJの担当者の方がなくなったときにも思いましたが、ほんと割に合わない商売ですね。

古い記事ですが
中央青山監査法人の黒い噂(彷徨える夜の魂)
記事中の資産粉飾レシオというのが面白かったので転載しておきます。

140 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2005/04/14(木) 23:27:19 ID:LS7dBqE1
粉飾額
 ワールドコム($90億)>>>>カネボウ(2000億円)>>エンロン($12億)
総資産粉飾レシオ(粉飾額/総資産額)
 カネボウ(47%!!!)>>>>>>>ワールドコム(9%)>>>エンロン(2%) ←注目w
粉飾期間
 カネボウ(9年?)>>>>エンロン(3年)>>>ワールドコム(1.5年)
負債総額
 ワールドコム($410億)>>エンロン($160億)>>>カネボウ(5800億円)
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/tax/1113368537/

いかに今回のが悪質かって言うのが良くわかります。まあ、期間が短かったから、金額が少なかったからマシとかそういうものでもないとは思いますが。
スポンサーサイト
  1. 2005/09/14(水) 00:55:02|
  2. News|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
<<続カネボウ粉飾 | ホーム | 鴨川シーワールド>>

コメント

きかないどころか

>四大監査法人のパートナーともなれば2000万なんかじゃきかないんじゃない

きかないどころか、ぜんぜん2000万円に達しません。平のパートナーなら、大幅に達しません。
同じ年齢なら(本社に残ってる)都銀の銀行マンの方が給与が高いと思って間違いないです。
割に合わないのは確かですが、監査報酬が安いのも(同じ規模・リスクの会社なら10分の1の報酬しかもらってない)、リスクが高く責任が重くなるのも、昨日今日の話ではなく、何十年も前からの流れでわかっていたことなのです。若い会計士ならともかく、責任者として逮捕されるレベル(パートナー)の会計士は今まで手を打ってこなかった当事者ですから、自業自得の面もあります。
  1. URL |
  2. 2005/
  3. 09/20(火) 22:26:21 |
  4. ___ #EBUSheBA
  5. [ 編集]

コメントありがとうございます。IPから察するにこんな時間まで会社(事務所?呼び方が分かりません)にいらっしゃるんですね。お仕事お疲れさまです。

それなのに、パートナーでも平ならそんなものとは。憶測で文章を書いて申し訳ありません。給与は四大監査法人ならさほど変わらないと考えていいのでしょうか。会計士の試験を受けている友達にはこんな夢を壊すようなこと言わないようにしなきゃ…

従兄の職場では「会計士がそんなこと(粉飾の指南)なんかしたってなんのメリットもない。カネボウに嵌められたんだ」というのが大方の見方だそうですが、実際そうなんでしょうか?他の法人の会計士の方はどんな風に考えておられるのでしょうか。
もしまたごらんになっているのならお教えいただけると嬉しいです。
  1. URL |
  2. 2005/
  3. 09/21(水) 23:27:28 |
  4. hama #-
  5. [ 編集]

給与は四大ならほぼ横並びです。また、上記の給与は基本ラインのものだけですので、出資額の多い元事務所オーナー層や、営業成績のいいパートナーなどなら、2000万に達する人もいると思います。
監査法人内の傾向としては、リスクのあるところは適正な開示を求め、駄目ならさっさと切り捨てるという感じになりつつあります。おっしゃるとおり、安い報酬で超高リスクを負っても、何のメリットもないですから。
ただ、カネボウの件は、まだまだ甘い業界だった10年前ころに、関与社員のうち当時から担当していたであろう長老連中が、先を読めず、些細な粉飾を黙認し、しかし次期に業績が回復せず前の粉飾を隠すためにはさらなる粉飾を認めねばならず・・・・ということを繰り返してるうちに、どうにもならなくなって泥沼に嵌ったのだと思います。
これから同様の事件が起こるならば、やはり古くからのクライアントで長期的に経営難にある会社か、数年前のブームに乗った安易なIPOか公会計だと思います。
過去の膿であって、現在発生しつつあるという可能性は低いでしょう。
  1. URL |
  2. 2005/
  3. 09/23(金) 00:12:57 |
  4. ___ #EBUSheBA
  5. [ 編集]

さすがに12時にはご自宅からのようですね。どんな業界にも負の遺産はあるということですか。旧中央の負の遺産に愛想をつかした旧青山がその他旧中央以外の出身者と分離するなどという記事も出ていましたが…

貴重なお話ありがとうございました。
タイトルの通りチラシの裏の落書き程度のことしか日ごろ書いてはいませんが、もしよろしければまたいらっしゃって、コメントを残していただければ、と思います。
  1. URL |
  2. 2005/
  3. 09/24(土) 01:12:13 |
  4. hama #-
  5. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bellagiornata.blog5.fc2.com/tb.php/187-1e5d7db6

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Myblog List

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。