Bella Giornata

晴れの日も雨の日も電波を撒き散らし続けるチラシの裏系ブログ兼備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

タイガースの上場許さない

「タイガースの上場許さない、つぶす」・巨人渡辺会長が批判(NIKKEI NET)

巨人の渡辺恒雄球団会長は7日、東京都内で小泉純一郎首相と会食後、報道陣に対し、村上ファンドが阪神電気鉄道に阪神タイガースの株式上場を提案したことに関して、「断じて(上場は)許さない。つぶすから大丈夫」とあらためて強く反対した。
 渡辺会長は野球協約第三条(協約の目的)に記された「野球が社会の文化的公共財となるよう努める」を例に出し「プロ野球は社会的な国民の公共財産。ハゲタカが乗っ取って売買する、そういう対象になるのは第三条違反」と批判した。また、協約が定める「日本に国籍を有しないものの株式総数が49%を超えてはならない」の持ち株制限に反しているとも指摘した。

 さらにオーナー会議でも「オーナーの意見が(反対で)一致する」と語った。〔共同〕

阪神を擁護、渡辺巨人会長「八百長呼ぶ」(なにわWEB)

巨人渡辺会長の表情が一変した。都内のホテルで、この日誕生した原政権に言及し、村上ファンドが阪神球団に株式上場を提案した質問に及ぶと一気に怒りを爆発させた。

 渡辺会長「村上ファンドってどこの国籍があるんだよ。彼らの集めた金はどこから来ているんだ。阪神のオーナーみたいなツラしてだな、でけえ口して言う理由は1つもない。断じて許さないし、村上阪神なんてことはありうるわけがない」。

 同会長は野球協約が参加資格に定める「資本金1億円以上の株式会社」「日本に国籍を有しないものの株式総数が49%を超えてはならない」などを挙げた形で、同ファンドの動きにケン制球を投げ込んだ。

 球団株が上場されれば阪神電鉄以外の企業や個人が球団(=チーム)の株主になり、試合が賭博の対象になる危険性も指摘した。

 渡辺会長「村上はハゲタカじゃないか。ハゲタカの手先だろ。上場したら、儲けようと思ったら、勝たせる。そこで売り抜けようと「空売り」するんだよ。そのときには負けさせればいいんだよ。これ八百長の温床じゃないか。スポーツマンシップに反する。賭博の対象になる。あいつは野球協約1ページ目から読み直せっ!」

 試合の勝敗で株価操作のできる可能性を指摘しながら、激しい口調でまくしたてた。野球協約の整備に質問が及ぶと「彼のところに入っているファンドは純粋に日本人ばかりかどうか極めて疑問だよ。上場とか(規定を)つくればいいんだよ、オーナー会議で。上場会社は許さない。八百長の恐れがあるから」ときつく語った。

儲けようと思ったら勝たせる。これは普通ですね。どこかの球団はできてませんが。そして、空売りしてわざと負けて八百長とは斬新な主張ですね。貸借禁止にすればすむことでは…?

だいたい、八百長だの何だのいいますが、1勝したから株価が上がるとか下がるとか、そんなもんじゃないでしょう。そりゃあ、ミセリさんみたいのを1人2人連れてくれば株価も下がるでしょうが。
もしかして、ミセリとキャプラーを連れてきたフロントは日テレ株の空売りでもしてたんですかね?

ま、そんなのは全部こじつけで、要するに、球団の持ち主が誰だか分からない状態が気持ちが悪い。阪神に文句を言いたいときには久万さんに直接言うのが一番簡単だから。ということでしょうけど。フロントがしっかりして経営と所有がきっちり分離できればなんの問題もないように思いますが…文句ならフロントにってことで。しかも、上場会社は球団を保有し続ける。甲子園球場を使い続ける。球団の名称は阪神タイガースのまま。などの縛りをかければ阪神電鉄としても特に損になるようなこともないでしょうし、株主なれば応援する方もより気合が入るように思いますけどね…

朝日新聞・福島瑞穂議員と同じでナベツネさんも、基本的に彼が賛成することは悪(誤)、反対することが善(正)と考えるのが妥当と思われる、と。
fc2の訪問履歴を眺めていたらこんなことが書いてあるブログ(飫肥椀庵~おびわんいおり~)を見つけました。以下引用です。

・株主でないファンの期待に反することになる。全てのファンにとって平等であるべき
・世界中の資産家、投資会社の金儲けのための標的になる可能性
・野球ファンであるかどうか分からない株主によって球団運営の方針を色々変えられる危険性
・八百長の危険性
・一時的な短期の資産高騰を狙っているだけ
・個人株主では、経営参加権はあっても、拒否権も議決権もない。
・今上場したら庶民が買えるような価格には絶対にならない
・株主らは即、結果を求めてくる→その結果、長期間かけて選手を育てる環境が失われる危険性が高くなる
(楽天(イーグルス、ヴィッセル)の体たらくを見ればわかるでしょ)
・営利企業の論理とは相容れない『数字に表れない不特定要素』がプロスポーツの肝
・プロ野球より進んでいるといわれるJリーグでも上場しているクラブはない
(その代わり、会員から資金を募る「ソシオ制度」はある)
・個人株主が選手の起用や経営まで口を出すようになったら、それこそチームはおかしくなる

八百長の危険性については既に述べたとおりです。また、「個人株主には拒否権も議決権もない(これは嘘で議決権がないはずがありません)」ことがマイナス面だと指摘しつつも「個人株主が口を出すようになったらそれこそおかしなことになる」と書いてあり、個人株主が口を出すのがいいことなのか悪いことなのか判然としません。
さらに、「株主らは即結果を求めてくる」「営利企業の論理とスポーツは相容れない」という点に至っては、これは上場するから問題になるのではなく株式会社であること自体が既に問題であるといっっているに等しく、現状認識に若干のずれがあるといわざるを得ません。今上場したら価格が云々というのもそんなのは単位をいじればどうにでもなることです。
ソシオ形式ではなぜダメなんだ。ということについては、確かにそれでもいいかもしれませんが、それじゃあ村上ファンドが儲からないでしょうが!ということです。彼らの提案はとりあえず自分の儲けありきで、その上で自分たち以外のステークホルダー(大抵は他の株主、今回は阪神ファン)もこの提案で得るものがあるでしょう?という形を取ることが常なので。

阪神ファンで反対している人は何が一番大きいんですかね?買収の危険ですか?
そんなに心配なら公募売り出しの時にファンで買い占めてその後流通させなければいいだけの話だと思うんですけどね。それでも売る人はいますから、結果として細々した商いでって感じになるのが理想かと。
総会を8月くらいに開いてですね、来シーズンの戦力構想なんかも決議で決めたりなんかして。第6号議案**投手に対する戦力外通告の可否とか言って。あとは来年度(今年のドラフトには期間が短すぎますからね)のドラフト戦略とか、この冬の助っ人を含めた補強の戦略とか。良くないですか?すごくいいと私は思いますけどね。どこまで公にできるかって話もありますし素人がどこまでってのもありますから、あまり細かいところまでは決められないと思いますが、来年のドラフトは投手中心か野手中心か、ぐらいはいいんじゃないですかね。あんまり総会の参加人数が多いと困るので、単純に時価総額が100億くらいだとして1株1万円*10万株、10株で1議決権ぐらいにすれば出席率の半端なく高い、楽しい総会になるんじゃないかと思うんですけど。ドスカ?
スポンサーサイト
  1. 2005/10/08(土) 01:30:07|
  2. Baseball|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:1
<<今週のメインレース予想 | ホーム | VaR>>

コメント

たとえば

タイガースが上場したとして、アンチ阪神ファンドなるものができて買収に乗り出したとする。
大株主になった時点で危うくない?
彼らの利益は阪神の弱体化だから、別に儲けられなくてもいい。
もし仮に巨人が上場したら、迷わずそういうファンドに資金を預けようと思う。

要は、「どのみちファンでもなんでもない人にタイガースについてとやかく言われるのが好かない」ってファン心理でしょう。そして、「村上さんは儲け第一に考えているからファンとは呼べず、上場してもしなくても許せない」ってわけだ。
結果だけ強くなっても嫌なんだろうねぇ。

あと、流通量が少なくなったら高止まりして、ちょっとの成績不振や不祥事が乱高下を呼ぶはずだから買占め案はお勧めはしないな。
  1. URL |
  2. 2005/
  3. 10/13(木) 15:02:37 |
  4. -1-1 #-
  5. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bellagiornata.blog5.fc2.com/tb.php/199-f31e9de4

最大よりも最良たれ

「世界一のインターネット・サービス企業を目指す」これが楽天グループが掲げている目標だ。”世界一”というのが、大きさなのか質なのか明文化されていないが、三木谷社長がTBSとの経営統合を目指すということは、規模の拡大であることは間違いない。 株式公開会社の経
  1. 2005/10/15(土) 23:21:59 |
  2. Hotta World:: 「活・喝・勝」

村上ファンドの阪神電鉄株大量取得(その2)

さきほど、村上氏のインタビューをテレビで見ていました。 正直、思ったよりはきちんと話をしていて、 意外と僕の気持ちを落ち着けてくれるものでした。 株主代弁者になったり、ファンの意見の汲み取りを言い出したり、といった 主張の変化が、ちょっと納得のいかないとこ
  1. 2005/10/11(火) 20:16:41 |
  2. 断片ブログ

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Myblog List

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。