Bella Giornata

晴れの日も雨の日も電波を撒き散らし続けるチラシの裏系ブログ兼備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

麻生外相「私はいつのまにか穏健派」

麻生外相:交代式で「いつの間にか中道、穏健派になった」(Mainichi INTERACTIVE)

「最近は激しいのが出てきた。(私は)いつの間にか穏健派だ」。麻生太郎外相は4日、外務省の外相交代式で自らの外交スタンスをこう表現し、中国、韓国が警戒感を示していることにやんわり反論した。

 麻生氏は、同席した町村信孝前外相も引き合いに出し、「町村、麻生と続けて、世の中からみれば右翼かなと思うだろうが、最近はもっと激しいのが出てきて、いつの間にかわれわれは中道、穏健派になった。格上げか格下げかは別にして、そう感じる」と「相対論」を展開した。

 ただ、麻生氏は「真の国益を考えて行動していかなければならない。その一点だけはぶれずに頑張ってほしい」と職員に注文を付けた。

最近麻生さんが人気です。おそらく2chとその周辺限定でしょうけど。

外務大臣麻生太郎
自民党河野グループ所属 衆議院議員当選9回
元経済企画庁長官・経済財政政策担当大臣・党政務調査会長、前総務大臣、現外務大臣

なんと驚きの5世議員。父麻生太賀吉は衆院3期、祖父吉田茂は総理大臣、曽祖父牧野伸顕は外務大臣、その父大久保利通は内務卿。大久保利通は議員ではないので正確には4世ですが。ちなみに、義父は鈴木善幸元総理。なんというか…直系でこれだけいるんですから、姻族とかを含めたらどんなことになるやら。
ただ、本人もこの血統に負けないインパクトの持ち主ではあります。コミック誌を週に20冊読むとか、常軌を逸した口の軽さとか。

◆麻生語録◆
(発言のよしあしを問わず、面白かったもの時系列にそって列挙しています。カッコの中は左からソースと発言日)
「相手が戦車で攻めて来たならバズーカ砲ぐらい撃たねば」(ソースなし 2001/10/4)
「創氏改名は朝鮮人が望んだ」(酒たまねぎやホームページ 2003/5/31)
「ITの進んだ社会すなわち全てがフロッピーで済む社会」(麻生太郎事務所 2003/9/22 *総務大臣就任会見でいまどきフロッピーって。と話題になったが、ソースはおそらく会見とは別のもので、麻生さんは後で「あれは素人にも分かりやすいように言った」と釈明しているものの、別のところでも同じことを言っているところを見ると若干疑問が。)
「参院選予想外れ、金取られた」(Bella Giornata 2004/7/13)
「私から数多くゴルフでカネを巻き上げてきた方が山本副大臣」(Bella Giornata 2004/10/1)

そして、外相就任初日から全開でした。

(問)総理が今回の人事でポスト小泉を競わせるというお考えを示していますが、この布陣を見て、麻生大臣にとって一番のライバルはどなただとお考えですか

(麻生外務大臣)マスコミかな

(問)改革への手腕を発揮するのがなかなか難しいポストだと思うのですが、その点についてお伺いできますか。

(麻生外務大臣)外務大臣は向かないポストだと言いたいわけですか

(問)なかなか改革競争をするのは難しいのではないかと。

(麻生外務大臣)改革競争ね。改革競争はこの4年間やらさせていただきましたから、少なくとも出来ない出来ないと言われた三位一体も、東京新聞じゃ出来ないことになっていましたが、出来ましたしね。いろいろな意味で出来ないと言ったことは大体この4年の間、政調会長の時に結構出来たと思いますので、改革だけがと言われるのであれば、あなたの希望通りなのかもしれませんが、即改革と言われてもなかなかそんな簡単に右から左に改革できるような。国同士の話ですから、省同士の話とかそういうのと少し訳が違うと思いますので、そんな簡単な問題ではないと思っていますから、今の御質問に対して言わせていただければ、多分そういった改革というもの、改革の内容が国内の改革というのでしたら、それは向いてないです。

(問)外相として靖国神社に参拝されるお考えがあるのかどうか。

(麻生外務大臣)そういう質問は必ず出るだろうと思ってましたが、やっぱり出ましたね。どちらですか

(問)朝日新聞です

(麻生外務大臣)やっぱりね

(外務大臣会見記録(平成17年10月31日)
内閣改造 アジア外交が心配だ(asahi.com)

麻生氏といえば、思い起こすことがある。03年、政調会長時代の講演で、日本が韓国を植民地にしていた時の創氏改名について、朝鮮の人びとが望んだかのような発言をして、韓国などの批判を浴びた。陳謝したものの「真意が伝わらなかった」と発言の撤回はしなかった。…今後はもっと慎重な発言になるのかもしれない。だが、近隣国とのとげとげしい関係を修復する役回りにふさわしい人選とは思えない。

今後も朝日・東京(中日)vs麻生さんの対決から目が離せません。
スポンサーサイト
  1. 2005/11/05(土) 00:22:19|
  2. News|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:0
<<今週の重賞予想 | ホーム | 結局不起訴>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bellagiornata.blog5.fc2.com/tb.php/216-92c902f4

麻生外相:交代式で「いつの間にか中道、穏健派になった」

麻生外相:交代式で「いつの間にか中道、穏健派になった」「最近は激しいのが出てきた。(私は)いつの間にか穏健派だ」。麻生太郎外相は4日、外務省の外相交代式で自らの外交スタンスをこう表現し、中国、韓国が警戒感を示していることにやんわり反論した。 麻生氏....
  1. 2005/11/05(土) 12:40:41 |
  2. avalon◆keiko's Blog◆

朝日新聞の正義―対論 戦後日本を惑わしたメディアの責任・小林 よしのり 井沢 元彦

朝日新聞の正義―対論 戦後日本を惑わしたメディアの責任小林 よしのり 井沢 元彦 関連商品 自虐でやんす。 戦争論争戦 李登輝学校の教え 新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 台湾論 差別論スペシャル―ゴーマニズム宣言 by G-Tools 「天下の朝日新聞」の偽善性、自虐的平和主....
  1. 2005/11/05(土) 02:13:18 |
  2. くださいな商会

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Myblog List

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。