Bella Giornata

晴れの日も雨の日も電波を撒き散らし続けるチラシの裏系ブログ兼備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

フィギュア:トリノ五輪代表

フィギュア:トリノ五輪代表に安藤、荒川、村主、高橋(Mainichi INTERACTIVE)

来年2月のトリノ冬季五輪フィギュアスケートの日本代表6人が25日、決まった。東京・代々木第1体育館で行われた最終選考会の全日本選手権後に開いた日本スケート連盟のフィギュア委員会と臨時理事会で、女子は荒川静香(23)=プリンスホテル、村主章枝(すぐりふみえ)(24)=avex、安藤美姫(みき)(18)=中京大中京高=の3人に決定。

荒川は1998年の長野大会以来2度目、村主は2002年ソルトレークシティー大会に続いて2度目で、安藤は五輪初出場となる。

 代表選考は、この2年間の試合の順位をポイント化した上で、今季の成績なども勘案して行われることになっていた。とくに、レベルの高い選手がそろった女子は大激戦で、この日、優勝した村主、3位の荒川がポイントを伸ばして代表入り。今大会6位の安藤は、年齢制限で五輪に出場できない浅田真央(15)=グランプリ東海クラブ=を除くと、代表選考ポイントのトップを守った。結果的には全種目でポイント通りの選考。浅田は今大会2位で、ポイントも1位だったが、規定により選考対象にはならなかった。【冨重圭以子】

代表は、昨季と今季の国際大会の結果をポイント化した代表選考ポイントや、世界ランキング、ベストスコアなどを比較して決定した。

 安藤は、代表選考ポイントが高く、4回転ジャンプが成功すれば五輪の表彰台をねらえる素質を買われた。荒川は、世界ランキング3位の実力や、中国杯で173.60ポイントと高いスコアを出したことが評価された。村主は今季はけがの影響で出遅れたが、NHK杯で3位と復調を果たした実力が買われた。
異例の激戦となった女子の五輪代表選考は、選考ポイントの上位3人で決まった。最近2回の世界選手権と全く同じ顔ぶれで、実績という点では文句のない顔ぶれだ。

 「合計ポイント上位者を優先的に選ぶ。競技会の価値などを勘案し、ポイント差が10%以内なら世界ランキングや今季ベストスコアなどを比較して順位を逆転させて選ぶ場合もある」との選考基準に則ったという点では、妥当な選考だ。安藤はポイントで首位。村主は今季、右足故障で出遅れたが、全日本選手権でSP、フリーともノーミス。けがへの不安を吹き飛ばし、勝負強さも改めて示した。荒川は今季、国際大会でのベストスコアが代表候補5人の中で一番高く、実力は国内トップと見る関係者が多い。

 ただし、今季の成績や調子という点を考慮すると、問題が残ったことも確かだ。選考ポイント4位の中野は今季、安藤にはNHK杯、GPファイナル、全日本と3戦すべて勝利。「昨季の国際大会のベストポイントの70%を持ち点とする」選考方法だったため、昨季不振だったことが響いた。GPファイナルで銅メダルを獲得し、国際的な知名度も上昇している。現時点では、試合のたびに成長している中野の方が、調子が上がらない安藤より期待できる。最強の3人を選んだかというと疑問だ。【来住哲司】

なんで直前に一発勝負の選考会をやって、その上位を代表にしないんでしょうか。それでなくても、せめて今シーズンだけを見るとか。過去2年間の積み重ねとか、そんなものが本番のポイントに影響を与えるならば話は別ですが、そうじゃないんだから。
アテネ五輪の女子マラソンのときも、なんでわざわざ選考レースを3つ作るのかという疑問(でも、これは選考レースをどれか1つに絞ってしまうと他の大会に出る選手のレベルがだいぶ下がってしまうことを考えれば理解できなくもない)を感じたものですが、今回はそんなものの比ではありません。

私の独自算定による五輪代表選考はこんな感じになりました。
*2005年グランプリシリーズ+ジャパンインターナショナルチャレンジ(出てた選考対象の選手が多い)における順位を1位5、2位4…5位1、グランプリファイナルと最終選考である全日本選手権での順位をその倍で換算したポイントを単純に加えた選考ポイントの上位3人を日本代表とする(記録はISUの選手紹介ページを参照しました)

(浅田真央 27ポイント)
荒川静香 16
中野友加里16
村主章枝 14
------------
恩田美栄 12
安藤美姫 11

手前味噌ですがこれの方が妥当のような…
これを見ると実質トップの中野がビリの安藤に代表の座を譲ったことになるわけで、ショートプログラムの採点の時に別にデキが悪かったわけでもない中野がびっくりするぐらい仏頂面をしていた理由(NHK杯勝って、その後のカナダとグランプリファイナルもあの子より上なのに。それで今日この演技でもあの子は行けるトリノに私は行けないなんて!と思っていたかは定かではありませんが、)も分からなくはないです。

スポンサーサイト
  1. 2005/12/25(日) 21:24:48|
  2. News|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
<<スノーボードに行く | ホーム | カントウ>>

コメント

明暗

浅田真央を出場させられないことに対する批判を緩和するためか、ロッテの圧力 (笑) か知らんが、“PC使うまでもない四則演算すらまともに出来ない”低能委員会に選考される側も不条理なような。

勝気で負けん気の強い女は好きだけど、勝者を祝福できないバカ女 (要するに安藤美姫) は大嫌いだとだけ言っておきませふ。
  1. URL |
  2. 2005/
  3. 12/26(月) 02:14:38 |
  4. mad__hatter #SjnC8iKQ
  5. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bellagiornata.blog5.fc2.com/tb.php/235-ce697308

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Myblog List

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。