Bella Giornata

晴れの日も雨の日も電波を撒き散らし続けるチラシの裏系ブログ兼備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

踏み切り事故「こしょう」表示

69歳女性が踏切死、ダイヤ乱れで「こしょう」表示(YOMIURI ONLINE)

19日午後5時20分ごろ、愛知県蒲郡市三谷町のJR東海道線の踏切で、同市豊岡町、無職柴田スミ子さん(69)が、豊橋発大垣行き下り特別快速にはねられ即死した。

 この踏切は15分間以上遮断機が下りたままになると、信号機に「こしょう」と表示が出るようになっていた。目撃者によると、柴田さんは「この踏切は故障している」と話し、渡ろうとしたといい、県警蒲郡署は柴田さんが、信号機の表示を見て、故障と思い込み、事故に遭った可能性があるとみて調べている。

 調べによると、柴田さんは、下りていた遮断機を上げ、自転車を引いて通り抜けようとしたが、自転車の荷台が遮断機に引っかかり、立ち往生していたという。JR東海によると、19日は強風のため、最大2時間遅れるなどダイヤが乱れ、遮断機が下りた状態になっていたという。

 東京都大田区で昨年10月、踏切の警告板に「故障」表示が出ていた踏切を渡っていた女性2人が電車にはねられる事故があり、JR東海では4月中旬までに、管内の1800か所の踏切について、「故障表示中でも渡らないでください」と書いた看板の設置作業を進めていたという。

記事にはありませんが、テレビでの報道によると「JR東海では、国鉄時代から踏襲されているシステムであり、見直すつもりはないとのことです」と。いったい何を考えているのか…

踏切が故障していて上がらないと誤解した人が「遮断機をくぐる」という行動はむしろ自然な流れで、表示がこの女性の事故死の直接の原因なのは間違いありません。
根本的な疑問としてなぜ故障でないのに「こしょう」と表示されるのか。その「こしょう」は誰に向けて表示しているのか。その相手にどんなリアクションを期待しているのぁ、疑問は尽きません。常識的に考えれば表示を見た通行人が踏切が故障してますよーとJRに通報する、などがありえますが、踏切が故障していない以上、JRがこのようなリアクションを求めているとは思えず…表示の意図するところは不明です。
このように「こしょう」の表示のプラスの影響とマイナスの影響を考えると、廃止しないという選択がありうるということ自体が不思議としか言いようがありません。コストの問題でしょうか。

記事には「思い込み」などといかにも女性の側に一端の責任があるかのように書かれていますが、「こしょう」の表示を見て「遮断機は故障しておらず、これはシステムの問題である」と判断する方がむしろ不自然で、正確には「ミスリードされ」と言うべきところです。これだけ因果関係があれば、極端な話、業務上過失致死まであるんですから、さっさと何とかしてもらいたいものです。
  1. 2006/03/21(火) 02:03:42|
  2. News|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

DNAのせいで日本は敗退した!?

筑紫哲也News23 多事争論3月16日(木)「あがり」(TBS)

私にも身に覚えのある話でありますが、日本人はなぜ大きな場面、あるいは、国際的場面で「あがって」しまうのだろうか、緊張するのだろうか。それについてはずっといろんな議論があります。

風土や体の中のDNA、酵素の問題から、あるいは世間を大変気にしながら生きているためではないかといったいろんな説があるわけですけれども、若い人たちはそういうものから随分抜けてきたという思いが近年はしておりました。

しかし冬季オリンピック、そして今日の「WBC」を見ても必ずしもそうとは言えない、非常にこわばって普段の力を出しきれない。「雰囲気にのまれた」とよく言うわけですけれども、雰囲気は日本の選手だけに降りかかっているわけではない、どの選手にとってもそれがあるのに、なぜ日本人がこうなってしまうのかというのは、やはりもしかしたら永遠の謎なのかもしれません。

しかしながら、ひとつ言えることは、自分のやれることを完全にマスターしている場合には、人間というのはそう動揺しないものであります。そういうことで言えば、鍛えられていないという部分がやっぱりあったのではないかと思いますけれども、しかしこの「ひ弱さ」というのが実は「平和の代償」だと思うことにしたら、多少は慰めになるかもしれません

身に覚えがある?またまたぁ、冗談きついですよ。筑紫さんご自身はさぞ国際舞台にお強いことでしょう。DNAの問題だとか、ひ弱さが平和の代償だとか言いたい放題言ってくれちゃってますが、さて月曜日にどんな言い訳をなさるんでしょうか。
  1. 2006/03/19(日) 19:04:49|
  2. News|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

房総風土記の丘

2006_03150024.jpg成田(正確には印旛郡栄町)にある房総のむらに行ってきました。小学生のころよく行った場所なんですが、10数年ぶりでした。私が電車とバスを乗り継いで通っていたころは「房総風土記の丘」という名前だったんですが、合理化のあおりかとなりの施設とくっついて名前も変わり、前は資料館への入館料などはかからなかったと気がするのですが、300円取られました。展示にはそれほど興味もなかったんで入らなくてもよかったんですが…

見所はなんといっても無造作にぼこぼこ造営されている古墳。小さいものは高さ0.9M径5Mなどというちょっと素人目には古墳とは認識できないような円墳から、高さ14M一辺80Mと日本で2番目に大きな方墳(岩屋古墳,画像)や、長さ120M超の前方後円墳(浅間山古墳)まで大小あわせて120以上の古墳があります。基本的にはただ盛り土の横に案内板が立てられているだけですが、きれいに整備されて復元してあるものもあります。なんかふらふら見ていたら昔のことをいろいろと思い出して懐かしかったです。古墳群についての学術的な解説は、どうせどなたも興味がないと思うので書きませんが、見ると次から次に思い出すところをみると、昔は相当好きだったんだな、と。

そんなこんなで一通りまわったんですが、実は一箇所見つけられなかった古墳があって、後日、また行ってきました。上福田岩屋古墳(画像,斜面にぽっかりと口をあける羨道)といって、なんの断りもなく石室に入ることのできる珍しいものです。それはそれは恐ろしいものでした。昼間ならまあどうと言うことはないのでしょうが、時間が時間だったので。1:00am。本当は石室に入りたかったのに、あまりの雰囲気に一通りの薀蓄を垂れた後、前で記念写真を撮るのが精一杯でした。そのあと深夜の古墳群を小一時間うろついて帰ってきました。私はいままで肝試しとか、お化け屋敷とかその手のもので怖いと思った例がなかったのですが、生まれて初めて「帰りになにかあったらどうしよう」と思いました。
興味のある方はぜひ行ってみてください。風のある日がお勧めです。真夜中で周りが真っ暗ななか、石室の中に入って写真を撮ってくることができる人がいたら尊敬します。

2006_03150025.jpg話が飛びましたが、そのあと近くの温泉に行って帰ってきました。写真からはわからないと思いますが、温泉施設は一面のたんぼの中にあって場違いにきれいな建物。お風呂もきれいでなかなかのものでした。

東関道成田IC経由で東京から約1時間、50km。房総のむらは古墳群以外にも江戸時代の宿場町を再現したエリアなど結構広く、300円で普通に一日潰せます。
  1. 2006/03/16(木) 01:16:50|
  2. Drive|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ポーションを使った

2006_03150033.jpgHPは回復しなかった。
前々からコンビニ新商品マニアとしては飲んでみたいと思っていたんですが、なかなか目にする機会がなく。このたびめでたくプレミアムボックスを購入。っていうか、普通の200円のでよかったんですが、そのコンビニにはプレミアムボックスしか置いてなかったんです。無駄な出費だなぁ…カードも瓶もゴミだorz

中身はと言いますと、無駄に青いハーブ風味のローヤルゼリー。一度に飲むと私のようなお子様は胸焼けします。うえっぷ。
  1. 2006/03/15(水) 18:31:59|
  2. Days|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

過去最低の月4万2700円=自宅外通学私大生の生活費

東京都と周辺の私立大学に、自宅以外から通う学生の仕送りから家賃を引いた「生活費」が2005年度は月額4万2700円(6月)となり、1986年度の調査開始以来、最低となったことが13日、教職員組合でつくる「東京私大教連」の調査で分かった。10年連続の減少で、アルバイト収入もあるとみられるが、仕送りだけの場合、一日の生活費は1423円になる。
 東京私大教連は「仕送り減少は、高額の学費による保護者の負担が限界に近づいていることを表している」としている。
 昨年5、6月、1都5県の22大学・短大の新入生の保護者に調査し、約4000人から回答を得た。(時事通信)

大学の友人の懐具合など考えたこともありませんが、そんなに苦労している人はいなさそうな感じなんですけどね。だいたい、地方の人が驚くほど少ないですし。たぶん3割を切るくらい?のような。だから仕送りも何も関係ない。バイト代=小遣い、と。これもひとつ、「格差」と言えばそうなんでしょうけど。
とは言っても「仕送りだけの場合、一日の生活費は1423円」と言ったって、普通バイトするでしょう。どれだけ意味がある統計なんだか。それと奨学金ってものが世の中にはありますね。あれは5-6万/月は無利子で借りることができるはず(親の懐具合によりますが)です。足したらバイトなしでも月10万は生活費があることになるじゃないですか。十分でしょう。だからと言って、学費をもっと上げていいとか、そういう大学当局の代弁をするわけでは決してありませんが。まったく、無駄なものばかりつくってからに。
  1. 2006/03/15(水) 01:07:27|
  2. News|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

日曜日の競馬予想

中山牝馬S

過去5年間の馬券対象馬のうち1800M以上で勝ち鞍のなかった馬は2頭だけ。うち1頭は2000Mの重賞で連対実績があり、例外はエイシンルーデンスのみ。前走の内訳は京都牝馬Sが5頭、それ以外の10頭中8頭が距離短縮でした。また、前走の着順は基本的に不問でOP馬でさえあれば通用します。

◎ヤマニンシュクル
○コスモマーベラス
△ディアデラノビア
△チアフルスマイル
△ウイングレット

フィリーズレビュー

◎サンヴィクトワール
○マチカネタマカズラ
△ユメノオーラ
△アルーリングボイス
アルーリングボイスはここでもどうか。仮に来ても、ここまで。
  1. 2006/03/11(土) 23:29:32|
  2. Horse Racing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

日曜日の競馬予想

中京記念

◎エアシェイディ
○オースミグラスワン
△マチカネオーラ
△エイシンドーバー
△ローゼンクロイツ


前走が非重賞なら1着、重賞ならば着順不問。3頭いるうち2頭の負けた小倉大賞典組みの一変は考えにくく、順当な結果に。
トップハンデは10年で0-0-2-10、1番人気は1-1-1-7とトップハンデで1番人気になると思われるローゼンクロイツは本来なら切るところですが、代わりもいないので。

弥生賞

◎アドマイヤムーン
○スーパーホーネット
△サクラメガワンダー
△ナイトレセプション
△セトウチアポロン

過去5年の連対馬はすべて4番人気以内。人気薄で3着に来た3頭はいずれも中山芝で勝ち鞍がありました。サクラメガワンダーの印を落としたのは差し馬?と思ったため。

  1. 2006/03/05(日) 01:04:52|
  2. Horse Racing|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

PSE法-中古家電は対象外?

中古家電は対象外と塩川氏追及 経産省、適用根拠示せず(しんぶん赤旗)

衆議院予算委員会第八分科会3/1質疑者:塩川鉄也(衆議院TV)

(塩川議員).
中古品の扱いについては誰がいつどこできめたことなのか?
(迎陽一流通審議官).
電気用品安全法は電気用品取締法を改正したもの。電気用品取締法において中古品は排除されておらず、当然含まれる。
(塩川議員).
警察庁は5年前の法施行時、経済産業省から古物商等に周知の徹底を求める依頼があったか?
(警察庁巽審議官).
施行までの間に経済産業省より働きかけはない。
(塩川議員).
中古品が対象であれば、当然周知徹底を求められるのでは?
改めて聞くが、電気用品安全法、電気用品取締法の中に中古品についての記述があるのか?
(迎陽一流通審議官).
周知を求めていなかったから中古品は含まないということではない。
電気用品取締法の時代から当然含まれるという前提。
(塩川議員).
質問に答えてもらっていない。電気用品安全法、電気用品取締法の中に中古品ということは書いてあるのか、ないのか?
(迎陽一流通審議官).
書かれているのか、私は確認をしてきていない。
(塩川議員).
その事自体が問題ではないのか?法令集には書いてない。ということは本来、中古品に関しては対象外であることを示しているのではないのか。
電気用品取締法のなかで取り上げられているのは在庫についてである。
中古についてはどこにもでていない。また今回の法改正にあたって国会の議事録の中で一言も中古について触れられてない。
電気用品安全法の概要では、販売の制限は流通前措置に入っている。これはメーカーが市場にだす前の段階である。
以上の事から中古に関しては法の適用外だから対象から外すべき。そして改めて議論すべきだ。
(迎陽一流通審議官).
中古品でもう一度販売に戻れば流通前の措置に該当する。旧法以来、中古品は対象だと解釈して行政もすすめている。
周知が行き届いていない点については残り一ヶ月周知を心がける。
(塩川議員).
中古品は含まないとは書いてないから含むというのは、実態からかけ離れている。直ちに是正をもとめる。

なんだこのいい加減さは…「ちょっとあの、法令の解説なりなんなりにですね、あの…書いてあるかないかというのは、私ちょっと、確認して参っておりません」って。あんあたの仕事はなんなんだ。
このことに関しては共産党の主張が正しいのは間違いないようです。中古品は対象外と書かれていないから含まれると言うなら、自動車は電気用品ではないと書かれていないからPSE法の規制対象に含まれるんですか?と。検査団体に天下り云々などお決まりの疑惑もあるようですし、民主党ももっと激しくたたいてほしいものです。

中古家電販売規制 4月から実施 電安法に困惑 リサイクル業者ら「最近知った」(Sankei Web)

正々堂々Blog-衆議院議員川内博史の日記:新聞記事と同趣旨の質問をしています。関連記事多数。

略歴
■ 氏  名 迎 陽一(むかえ よういち)
■ 生年月日 昭和26年8月9日
■ 学  歴 昭和50年3月 東京大学経済学部卒業
■ 主な経歴 昭和50年4月 通商産業省入省
昭和57年4月 長崎県経済部工業立地課長
昭和60年4月 在スペイン日本国大使館一等書記官
昭和63年6月 通商政策局米州大洋州課大洋州中南米室長
平成元年7月 貿易局貿易保険課財務室長
平成2年6月 内閣法制局参事官
平成7年7月 産業政策局調査課長
平成9年7月 資源エネルギー庁公益事業部計画課長
(併)電源開発株式会社管理官
平成10年6月 貿易局総務課長
平成13年1月 通商産業省から経済産業省へ
平成13年1月 大臣官房参事官(貿易経済協力担当)
平成13年7月 資源エネルギー庁電力・ガス事業部長
平成15年7月 特許庁総務部長
平成16年6月 商務情報政策局商務流通グループ商務流通審議官

幹部名簿-ご案内(経済産業省)より
  1. 2006/03/04(土) 01:39:59|
  2. News|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

土曜日の競馬予想

オーシャンS

前走シルクロードS組みが8頭。その上位に人気が集まると思われますが、そのシルクロードSは9着までが0.3秒差。今回出走する8頭のうちギャラントアロー以外はいずれも9着以内に来ており、展開しだいで着順はどんな風にでも入れ替わる可能性があると見るべきです。

◎シンボリグラン
5頭立ての新馬戦で5着だったころが懐かしいですが。すっかり短距離で開花したようです。しかもまだ底を見せていません。中山コースも馬場の悪化も問題はなさそうで、ここも好レースが期待できるのでは。休み明けは大丈夫だと思います。
○ナイキアヘッド
前走は後方から届かずの7着も着差は前述のとおり。全6勝中4勝を挙げ、4-1-0-3と得意の中山で一発あるか。
△マルカキセキ
スプリンターズS4着でGIIIのここなら。と言いつつ、GII,OPで連敗してるんですが…
△マイネルアルビオン
恵量はなくなったものの、勢いは変わらず。
△コパノフウジン
4着以内に来ればあたりという馬券があれば1.0倍か。先行抜け出しで、馬場も注文がつかないため安定感抜群。
アイルラヴァゲインは馬場、シーイズトウショウは中山を嫌気。

チューリップ賞

前走が阪神JF以外の馬は1着がほぼ必須。5年間の馬券対象15頭のうち例外は3頭いるものの、まったく言い訳がつかないものは1頭のみ。
1番人気は5年で4連対しており、イメージほど荒れません。

◎アドマイヤキッス
3着まで、できれば2着に来てください。お願いします。クラシックの楽しみはこの1戦に係ってるんです。
○テイエムプリキュア
印を見る限り一番人気にはなりそうもないですが。過去10年の3勝以上している馬のチューリップ賞での成績は3-2-4-2(4着以下の2頭はいずれも桜花賞1着)といいのか悪いのかよくわからないものですが、この馬が本番もぶっこ抜くとは考えにくいため、ここでは3着以内は堅いかと。
△タッチザピーク
△ラッシュライフ
△プリンセスデザイア

他に印を打てそうな馬がいないので。
  1. 2006/03/04(土) 00:15:30|
  2. Horse Racing|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:1

卒業

もうすぐ卒業です。うちの大学(学部?)は4年の成績発表が今日で、ウェブで卒業の可否を見ることができます。

1B02****  ****さんの成績です。
学籍状態 卒業(修了)等
判定結果 【卒業判定結果】卒業(修了)(3月)
【資格判定結果】旧司法試験1次試験免除資格(取得)

卒業ですか…前期までにほとんどの単位を取得し終えており、まあ心配するようなことじゃなかったんですが、いざ見るとなんとなく残念と言うかさびしいと言うか。ちょっと落ちることを期待していたりいなかったり。たまに話に聞くサークルやゼミ内での恋愛関係のごたごたや、一人でチベットをさ迷い歩いた系の冒険譚などとは無縁の、客観的に見ればたいして面白くもない学生生活ではありましたが。学生一流…などと言う割には最悪なのは学部事務所だけで、平均を取ればまあ一流は言い過ぎとは思うもののそこそこ優秀な学生と、教授三流は貶められすぎのかなり優秀な先生方、と特に不満のない学生生活でした。感謝感謝。
今後、大学のときはよかった、とか思うことはそれほどないとは思いますが、ここで得た人間関係(というか、それぐらいしか得たものはないので)を大切にしたいと思います。
  1. 2006/03/02(木) 17:44:39|
  2. Days|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
前のページ 次のページ

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Myblog List

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。